情報発信のための顔出しなしで稼ぐ!YouTube講座

第4章 チャンネル運営のコツ

音声講座

 

「4-1 アナリティクス解析」

 

今回はアナリティクス解析について説明していきます。

 

ユーチューブではご自身のチャンネルの状況をアナリティクス
というところで確認することができます。


右上のご自身のアイコンからクリエーターツール
に入ってください。
クリエーターツールに入ると左側の
メニューの中にアナリティクスというところがありますので
そちらをクリックしていただきますとアナリティクスの
画面に入ることができます。

ご覧いただいてわかるようにアナリティクス
の概要画面では
再生時間の推移、平均視聴時間の推移など、
こういったものの、推移をみることができます。

期間を指定することによって、その期間内の推移を
みることもできます。

全体をみるだけではなく、動画を指定することで
その動画の期間内での推移をみることもできます。

アナリティクスのなかで特にチェックしていただきたいところ
が、左側にあるトラフィックソースというところです。
こちらに進みます。


トラフィックソースの画面では、どこから入ってきているのか
どこから自分の動画が再生されているのかがわかります。

下のほうの一覧をみていただきますと、
関連動画、ブラウジング機能、チャンネルページ、ユーチューブ検索など
流入元がこちらからわかるようになっています。

例えば関連動画のところをクリックすると
それ中で誰のどの動画から自分の動画に入ってきたか
とういうのがわかります。

ユーチューブ検索というところを見ていただくと
どういった言葉で検索されて自分の動画にたどり着いたのか
がわかります。
特にユーチューブ検索については
より検索されているワードというのがわかりますので
そのワードに基づいて、ご自身の動画のタイトル付け
をしていきますと、もっとアクセスを増やせるという
ことになります。

アナリティクスについては、話始めると
1日2日では終わらないレベルになりますので
いろいろとのぞいていただくと、ご自身の動画の
改善点などが見つかってくると思いますので
ぜひ、活用してください。

 

おすすめの記事